その旨承知いたしました。 「その旨」の意味と使い方・例文・読み方・類語・ビジネスでの使い方

「ご承知おきください」は目上の人にNG?正しい意味や使い方を解説

相手がどう感じるかがすべて 間違いでないのなら使ってもいいのではないかという考え方も理解できなくはありません。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。

15
その場合は「 承知しました。

承知いたしましたは敬語?目上の人への正しい使い方とは?

もちろん「その旨」ではなく「そのこと」でも意味は通じますが、ビジネスシーンにおいて「そのこと」という表現は適しません。 親しい間柄の人に使うと、よそよそしい感じを与えてしまいます。

4
上司や取引先などの目上の相手に使います。 では、この承知致しましたという言葉は敬語なのでしょうか? 承知いたしましたは敬語の中の謙譲語 学校でも習ったと思いますが、敬語というものには尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つの種類に分けることが出来ます。

「その旨」の意味と使い方・例文5つと使用時の注意点

「承知すること」を意味する「了解」に丁寧語の「しました」を加えた敬語表現で、「承知しました」と同じく内容を理解した場面や依頼を受けるシーンで使われます。 「了解しました」の例文 新商品を見たいので、明日の17時に来店したい、という申し出がありました。 「ご了承ください」は、相手に対して事前に断りをいれたい場合などに使用する言葉です。

また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。

その日程で大丈夫!と取引先に返事したい

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。

9
実は「いたします」と「致します」の正しい使い方は決まっています。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

その旨 「 その旨、ご返信ください」 そのことについて 「 そのことについて、ご返信ください」 「そのことについて、ご返信ください」の方を、さらに砕けた文章にすると、「そのことについて、返事頂戴」という風になります。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 ビジネスで頻繁に使用する言葉の1つなのでしっかり覚えておきましょう。

15
いずれも、目上の人や取引先・お客さまなどに使う謙譲語です。 また、相手とやりとりを続ける中で、話題が変わってからも「Re:」で返信し、前の話題の件名のまま別の話をしているケースもあります。

「了解しました」「承知しました」意味・使い方はどう違う?目上の人に対する正しいマナーを徹底解説

「何度も繰り返すこと」「十分であること」という二つの意味で用いるのです。 ただし「その旨承知いたしました」の「その旨」が分かりづらいシチュエーションでは、何を承知したかを復唱した方が親切でミスコミュニケーションが生まれづらくなります。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。

7
今では「了解いたしました」について「目下に対して使う言葉」と断言しているサイトも多数あります。 ビジネスシーンでよく使う言葉の1つが「その旨」というフレーズです。

「その旨」の意味と使い方・例文・読み方・類語・ビジネスでの使い方

また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。