山梨 県 地震。 山梨県で気をつけるべき災害とは 山梨県における災害の特徴と対策方法

山梨県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

耐震対策に関する助成を利用しよう お住いの住宅が1981年(昭和56年)以前に建てられたものの場合には、注意が必要です。

15
被災棟数は、甲府市の20,000棟をはじめ、笛吹市、山梨市、塩山市、大月市、都留市、富士吉田市を中心に被害が想定されています。 地震発生1回当たりの発生年数は4. 山梨県は比較的もろい地質でできているため、大雨で大きい被害が起きる傾向にあります。

山梨県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。 大雨で地盤が緩んでいるときに起きやすいですが、はっきりとした兆候がみつけにくいことも多いため、 崩れることに気づいてからでは助かりません。 「全国地震動予測地図」 のページです。

6
また、同調査結果は、を御覧ください。 長野南牧村• 発生の切迫性が指摘されている東海地震においても、山梨県に大きな被害を及ぼす事が想定されています。

山梨県東部・富士五湖を震源とする地震情報 (日付の新しい順)

3,274• 1923年9月1日 (大正12) (関東地震) 7.9 死者・行方不明者22人、住家全壊577棟。 小海町• 5 5 1944-12-07 13:35:00 三重県南東沖 33. 6 5 1923-09-01 12:47:00 山梨県中・西部 35. 他の都道府県の地震発生の確率と被害予想について 地震が来る前に知っておきたい・用意しておきたいこと. 土砂災害の場合は、 土地の危険性についてあらかじめ知っておくことがもっとも重要なポイントになります。 居住制約の想定 居住制約世帯数 居住制約者数 ライフライン支障世帯数 八田地区 66 223 202 白根地区 346 1,244 492 芦安地区 4 11 22 若草地区 294 1,018 344 櫛形地区 500 1,736 746 甲西地区 441 1,498 939 計 1,651 5,730 2,745 2.糸魚川-静岡構造線断層地震 長野県~山梨県にかけて存在する活断層による地震で、断層にそって震度6 弱 の地域が帯上に分布し、釜無川に沿って震度6(強)の地域が分布しています。

4
自分の住んでいる地域に、どんな危険があるか、定期的にチェックするようにしましょう。 南アルプス市内においては震度6弱以上(甲西地区の一部は震度6強)の揺れが想定され、約30人の死者と1,100人の負傷者が発生、また4,000棟(約15パーセント)を超える建物が、被災するとされております。

山梨県の地震情報 : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

6MB) )• 試作機. ふだんから気象関係のアプリやホームページにアクセスして、どんな情報がどこにあるか、どのくらいの状態になったら避難などの対応が必要かなど、気象情報を正しく読み取れるようになっておきましょう。 【富士川河口断層帯】• ・2000年9月 甲府地方気象台観測史上最大の豪雨。

11
避難所ではありませんので、ご注意ください。 洪水による被害 これまで、台風による大雨や暴風雨など大きな被害を受けてきました。

気象庁

なお、過去の地震被害においては、家具転倒による被害が負傷要因の3割程度を占めており、比較的簡単にできる家具転倒防止器具の設置は特に重要な対策です。 急傾斜地の崩壊や地滑りによる被害も想定されます。

7
引用元:「」 防災対策強化地域 山梨県の場合、以下の市町村が防災対策強化地域に指定されています。

南アルプス市内で甚大な被害が想定される地震

地震動予測地図の各種地図の閲覧、数値データ等のダウンロードが可能です。

1
県内の14市町村が、「」に指定されています。 北相木村• 山梨県内に震源があるというよりは、離れた場所での余波として揺れているようです。

南アルプス市内で甚大な被害が想定される地震

観測点 1 2 3 22 2 1 19 6 - 5 - - 3 - - 2 3 - 6 1 - 10 - - 3 5 - 1 - - 1 - - 3 - - 3 - - 1 2 - 21 2 - 3 - - 13 6 - 13 - - 5 - - - - - 3 2 - 7 - - 3 - - 4 - - - - - 27 6 - 11 8 - 5 - - - - - 6 6 - 10 - - 4 1 - 2 1 - 2 - - 9 1 - 1 - - 3 - - 22 7 - - - - 6 1 - 2 - - 5 - - 2 - - 3 - - 3 - - 観測点 1 2 3 観測点 1 2 3 9 - - - - - 4 2 - - - - - - - - - - 2 6 - 2 - - 3 - - - - - 7 1 - 11 - - 21 - - 14 - - 5 - - 12 - - - - - 3 5 - 8 - - - - - 14 - - 18 1 - 10 1 - 3 - - 2 - - - - - 1 - - 10 - - 12 2 - 4 3 - 1 - - - - - 8 1 - - - - 7 - - 10 1 - 1 - - 1 1 - 1 - - 6 - - 9 - - 1 - - 8 - - 観測点 1 2 3. 韮崎市• 550003 0km 不明 5 1923-09-01 17:00:00 神奈川県西部 35. 1782年8月23日 (天明2) 相模・武蔵・甲斐 7.0 甲州都留郡長池村では家屋全壊30棟。 日数にすると平均1615日毎に地震が発生しています。 わたしたちの住む南アルプス市では、切迫性が指摘されている「東海地震」、「糸魚川-静岡構造線断層地震」をはじめ、市内に断層があり甚大な被害が予想される「釜無川断層地震」など多くの地震の発生が危惧されています。

12
死者 建物倒壊 火災 崖崩れ 計 八田地区 1 0 0 1 白根地区 6 0 0 6 芦安地区 0 0 0 0 若草地区 5 0 0 5 櫛形地区 10 0 0 10 甲西地区 9 0 0 9 全体 31 0 0 31 2. 日本全国の活断層(活動セグメント)の分布とそのパラメータ、日本の活断層に関係する文献の書誌データ、文献から採録された調査地点ごとの調査結果データ、地下数十キロメートルまでの地下構造データが収録されています。 (PDF 6MB) 【伊那谷断層帯】• 平成15~17年度に山梨県が実施したでは、甲府盆地や富士川流域を中心に液状化現象の発生が想定されています。