水質 汚濁 防止 法。 水質汚濁防止法

水質汚濁防止法とはどんな法律?特定施設に指定されるところとは?

第2章 - 排出水の排出の規制等(第3条 - 第14条の3)• )において有害物質に該当する物質を含む水の地下への浸透があつたことにより、現に人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあると認めるときは、環境省令で定めるところにより、その被害を防止するため必要な限度において、当該特定事業場又は有害物質貯蔵指定事業場の設置者 (相続、合併又は分割によりその地位を承継した者を含む。 (流域下水道区域の場合はここでは省きます。 )ごとに政令で定めるもの(以下「指定水域」という。

3
前2項の規定により第5条又は第6条第1項若しくは第2項の規定による届出をした者の地位を承継した者は、その承継があった日から30日以内に、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。 水質事故の場合、や関係機関が行った対策・処理について、原因者に費用負担を求めることができるとしている(第67条)。

排水規制

関連項目 [ ]• 2 前項の規定は、第12条の4の基準の適用の際現に有害物質使用特定施設を設置している者 (設置の工事をしている者を含む。 第14条の6 生活排水を排出する者は、下水道法その他の法律の規定に基づき生活排水の処理に係る措置を採るべきこととされている場合を除き、公共用水域の水質に対する生活排水による汚濁の負荷の低減に資する設備の整備に努めなければならない。 廃液に接液するポンプが不要で有り、圧送式に比べると維持管理が容易。

5
大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成22年法律第31号)により水質汚濁防止法が改正され、平成23年4月から新たに指定物質についても事故時の措置が必要になりました。

大阪府/水質汚濁防止関係法令のしおり

排水基準に関する条例の基準(第四条)• )であつて排出水を排出し、若しくは特定地下浸透水を浸透させるもの又は一の施設が有害物質使用特定施設若しくは有害物質貯蔵指定施設となつた際現にその施設を設置している者 (当該有害物質使用特定施設に係る特定事業場から排出水を排出し、又は特定地下浸透水を浸透させる者を除き、設置の工事をしている者を含む。

指定地域内事業場を譲り受け、若しくは借り受け、又は相続、合併若しくは分割により取得した者は、第8条の2、第13条第3項又は第14条第3項の規定の適用については、当該指定地域内事業場の設置者の地位を承継する。 第4章 - (第19条 - 第20条の5)• 問題は雨水です。

水質汚濁防止法施行令

- - - -• 以下この項において同じ。 損害が2つ以上の事業者のによって生じた場合において、その損害の原因となった程度が著しく小さい事業者があるときは、裁判所は、その者のの額を定めるについて、その事情を斟酌することができる途を開いた。 )を設置している者 (設置の工事をしている者を含む。

11
)第2条第5項に規定する特定地下浸透水 (以下単に 「特定地下浸透水」という。 ですから、代替えが効くものは代替えしましょう。

環境省_水質汚濁防止法改正関係Q&A

この場合において、当該施設につき既に湖沼水質保全特別措置法第14条の規定により指定地域特定施設とみなされる施設についての同条の規定により適用される前条第1項又はこの項の規定による届出がされているときは、当該届出をした者は、当該施設につきこの項の規定による届出をしたものとみなす。

10
排出水を排出する者は、当該公共用水域の水質の汚濁の状況を考慮して、当該特定事業場の排水口の位置その他の排出水の排出の方法を適切にしなければならない。

水質汚濁防止法施行令

内容 [ ] 水質汚濁防止法では、で指定された「特定施設」を設置している「特定事業場」からのへの排出、及びへの浸透を規制している。 3 第1項の規定は、一の施設が指定地域特定施設となつた際現に指定地域においてその施設を設置している者 (設置の工事をしている者を含む。

15
2-5.その他 油や絵の具など、水の濁りや悪臭が発生する物質や、泥なども水質汚濁の原因になります。 水質汚濁防止のための規制体系は、これらの複数の方法の組み合わせによる複雑で総合的な規制となっている。

排水規制

資料: 1 対象施設の拡大 今回の改正により、届出の対象となる施設の範囲が拡大されました。 いくら汚染物質を取り除く装置をつけても、万が一ということがあります。 2 水質汚濁の状況、水質汚濁源の事情等の変化に伴う環境上の条件となる項目の追加等• 回答に対するお礼・補足 1137 【A-4】 Re:水濁法と下水道法 2002-10-16 16:08:55 神奈川県 / あめんぼう ( 問題を整理します。

15
第4条の4 国及び地方公共団体は、総量削減計画の達成に必要な措置を講ずるように努めるものとする。