価格 com 冷蔵庫。 【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

【570L~】 一般的に5人暮らしに適した容量。

17
ただ、冷蔵庫は容量に比例して外観サイズも大きくなるため、部屋に置けるサイズかどうかを優先して選びましょう。 この春から新生活を始める方に、冷蔵庫の準備はお済みですか? 1~2人世帯向けの小型量タイプの場合、上位モデルのような高機能は搭載されていないので見た目の好みで選んでもさほど問題ありませんが、庫内容量や庫内レイアウトのよしあしが使い勝手に大きく影響します。

一人暮らしにも最適! 新生活向け小型冷蔵庫13選

定格内容積 JIS C:2015 「JIS C:2015」規格に基づいた「定格内容積」です。

18
【2人暮らしにも使える】幅60cm未満で容量250~360Lクラス ワンルームや1Kの間取りの部屋であっても、本格的に自炊するなら庫内容量250L近くは欲しくなってくるもの。 250Lを超えると「冷蔵室」「野菜室」「冷凍室」という3ドアタイプも選べるようになるので、使いやすさはかなり高まります。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

<使用人数(目安)> 【~300L】 一般的に1人暮らしに適した容量。 このクラスの冷蔵庫はそれほど性能は変わらないので、デザインで選んでもOKです。 このようなことから、ファン式を選ぶのが懸命です。

16
また、もっと本格的に料理する方や、2人暮らし用途なら容量は250L以上あったほうがベター。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

上で紹介したひとり暮らし向けのモデルよりワンランク大きいクラスになると、幅が54cm以上、容量は250L以上となります。

15
【430~500L】 一般的に3人暮らしに適した容量。 自炊する場合は100L以上が望ましいですが、ペットボトルや調味料を冷蔵室に保存したり、ある程度まとめ買いすることを考えると150~180Lくらいは必要になるはずです。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

com最安価格を参考にしています。 霜を放置しておくと庫内が霜に占領されていきスペースが狭くなるほか、冷却効率が悪くなるおそれも。 低価格の2ドアタイプ(140Lくらいの製品)には直冷式を採用している製品があるので、しっかり確認しておきましょう。

2
ただ、ひとつ注意してほしいのが冷却方法。 【500~570L】 一般的に4人暮らしに適した容量。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

さらにその上のクラスとなる幅60cmの冷蔵庫であれば、高機能なモデルが揃っていますが、今回はなるべく設置スペースを取らない、幅60cm未満の製品を厳選しました。

15
まったく自炊はしないと割り切れば100L以下の製品でも問題ありませんが、多くの場合、ひとり暮らしでももっと大きな容量の冷蔵庫が欲しくなってくるもの。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

12
庫内容量はケースや棚を除外した定格内容積のことなため、実際に食材を入れられるスペースはもっと小さくなります。 選び方とともに紹介します。

一人暮らしにも最適! 新生活向け小型冷蔵庫13選

そこで、1~2人暮らし向けの冷蔵庫を各ニーズ別にセレクト。 最低でも140Lクラスの冷蔵庫を買っておくほうが安心でしょう。 しかし、主要メーカーのラインアップには200~250Lあたりのモデルがあまりありません。

13
冷蔵庫の冷却方法には、庫内に装備された冷却器で直接冷やす「直冷式」と、背面などに設置された冷却器で作られた冷気をファンで庫内に送って冷やす「間冷式(ファン式)」の2種類がありますが、直冷式は冷却器に霜が付いてしまうので、その霜を手動で除去しなければなりません。 【301~430L】 一般的に2人暮らしに適した容量。

【価格.com】冷蔵庫・冷凍庫

冷蔵室の棚の高さが調整できるほか、ドアポケットに入れたドレッシングなどが転倒しないようにする「ボトルストッパー」が用意されているなど、使いやすさに配慮した工夫も満載。