Pcr 利権。 日本でPCR検査が進まない5つの理由とは?PCR検査の方法も含め解説します!!

すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇(MAG2 NEWS)

日本が開発した全自動のPCR検査装置があるのだから、これを導入すれば、検査するのに特別な技術はいらない。 医院クリニックの判断を通して、一日で9万からの、PCRウイルス検査ができる。 PSS社がOEM供給した仏・エリテック社ブランドのシステムは、同国の医療現場で採用されており、新型コロナウイルスのPCR検査でも高い成果を上げているという。

9
これは世間には言えないが。 こういう方がいっぱいいましたら、数万人なのか、数万人でも済まないのか分かんないと。

コロナワクチン利権と感染症利権について考える|臨床獣医師の立場から

検査、検査、検査だ。

17
検査を行う地方衛生研究所のキャパシティが絶対的に足りなかったのです。 2つあるが、その1つが村上財団であることだ(もう1つは、NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)。

コロナワクチン利権と感染症利権について考える|臨床獣医師の立場から

それを調整するのが政治家の役割です。 政治や官僚がうんぬんする余地はない。

だから、患者数が減っているのだ。

なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由

PCR法は、そんな便利な検査ではない。 彼らが言うにはそれがウイルスのゲノムだと。

8
厚生労働省というのは、医療、保健分野だけではなく、労働行政や社会保障まで管轄する非常に権力の大きい象徴です。

日本が新型コロナの検査をしない四つの「理由」|日本国黄帝|note

その意味で、 PCR検査が増えない最大の原因は安倍総理の政策センスのなさです。

16
彼らの一部はPCR検査抑制論者としてPCR検査の批判をしていると考えれば不可解なPCR検査抑制論が蔓延していることに合点が行きます。

人命より利権を優先する闇の構図 : 日々の気づき

全都道府県の検査合計数は記録されている。 さらに、患者の鼻や喉の粘膜から微量の検体を採取してウイルスの遺伝子情報の有無を確かめることができるPCR検査の利用が進んでいない点も、指摘されている。 そういった手順です。

15
#covid19 は、無症状の人も感染源になるのかを検証する。

【コロナ問題】PCR検査プロパガンダのウラに得体のしれない「闇」【白川 司】

文科省と厚労省の間に縄張り争いがあるのは、ある意味で当然のことです。

2
東京都の感染者数は、一昨日23日が16人、昨日24日が17人と過去最多になっていました。 しかし、新型コロナの感染拡大によって、保健所は人的にも物的にも大変厳しい状況に立たされました。

日本製の最新鋭全自動PCR検査システムが使えないのは、利権を固守する厚労省の妨害のためだ 魑魅魍魎男

民間会社からすれば、自家調整の検査は事前に必要な試薬を集めて調整したり、検査の質を確認したりしなければならないため、手間暇がかかります。 コロナワクチン利権 コロナワクチンは感染が収束していない地域で使用されることになります。

20
さらに現在でもウイルス兵器である疑いが払拭されていないのであり、政府の扱いが慎重になるのは当然だ。 もともと日本の感染症対策は、厚生省と国立感染症研究所(感染研)、国立国際医療研究センターが主軸となって行うことになっています。