気骨 が 折れる 読み は。 「気骨が折れる」、読みは? 【ことば検定プラス】

「気概」の意味や読み方は?「気概を持つ」の使い方や類語を解説

したがって、「きこつがおれる」と読むのは誤りで、「きぼね」が正しい読み方です。

16
【格下】カクした 地位や経験、実力などが下であること。

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「気」をキと読むのはほとんど訓読み化してしまった音読みで、多くの重箱読みを生む。

6
「菊」には定着した訓読みはない。

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

では気骨の正しい読み方は、「きこつ」「きぼね」どちらなのかを見ていきましょう。 【寒鰤】カンぶり 「寒=カン」は、立春前の約30日間を指す。

17
【河鹿】カじか カエルの一種で、鳴き声がシカに似ているという。 【雁垂】ガンだれ 漢字の部首の1つ。

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

【銀鼠】ギンねず 銀色がかったねずみ色。 「貫=カン」は、昔の重さの単位で、3. 2文字とも音読みでコッカイと読むと、特に肥料として用いるものを指す。 75キロ。

やはり「張る」からだそうです。 【月日】ガッぴ 「年月日」の形で、日付を指して使われることが多い。

重箱読み辞典 カ行

「燗」の本来の音読みはラン。 【菊戴】キクいただき 小鳥の一種。

4
「旗幟」は、「表立って示す立場や態度、また、主義主張」のことだそうです。 ただし、語源としては「かりな」の変化したものなので、本来は2文字とも訓読みで読む熟語。

重箱読み辞典 カ行

【燗酒】カンざけ 温めたお酒。 【寒桜】カンざくら サクラの一種。

11
経師屋は、「書画の幅 ふく や屏風 びょうぶ ・襖(ふすま)などを表装する職人」のことです。

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

茂吉と言えば、この番組でも何回かお話してきましたが、うなぎ好きなことで知られています。 茂吉は、生涯におよそ1万8000首の歌を詠みました。

7
林修先生の「ことば検定プラス」 今日は、2019年2月25日に出題された復習問題です。

「気骨が折れる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「険難 ケンナン」が変化したことばだといわれ、「剣呑」と書くのは当て字。 「客」は1文字で音読みされて、そのまま日本語の単語として広く使われている。

15
【合羽】カッぱ 雨具の一種。 長谷川一夫はもちろん二枚目だし。