無 一郎 夢 小説。 時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

推しだけ詰め合わせ短編集 【自給自足】「あんたが忘れるその前に 【時透無一郎】」|SS投稿館

「無一郎君の家から旧邸までは少し距離がありますからね。

9
良い…心掛けだ、だが地に伏すのは感心せんな」 何処からか、声がする。 追いつかれる。

推しだけ詰め合わせ短編集 【自給自足】「あんたが忘れるその前に 【時透無一郎】」|SS投稿館

忙しく考える事も多いこの仕事を、自らしたいと言い始めたのには訳がある。 うるさい、うるさいうるさい! 碌に型を使わず、感覚だけで戦えている正真正銘の天才には分からないでしょうね。

19
けれどここは私達の暮らす屋敷のすぐ裏手の山だ。

鬼滅の刃 短編集

」 腕をぐいぐいと引っ張られながら、山を降りる。 「・・・伝えにくいことなら仕方ないけど。 **** 無一郎は始まりの呼吸の剣士の子孫だという。

4
その後、半天狗をあと一歩の所まで追い詰めていた炭治郎の元へ現れ、鋼鐵塚が研いでいた日輪刀を炭治郎へ投げて渡す。 村を上げて白髪金目の子供を庇護したが、それでも十を数える前に予言と共に儚くなる。

鬼滅の刃 短編集

抱きしめた時の匂いは?温もりは?・・・握り締めた、幼い手と大きな手の感触は? 思い出せないのが怖いなら、思い出す暇もないほど忙しく。

17
起き上がってまた走るにしても、きっともう駄目だ。 ずぷッ、じゅぷッ、ぐぷッ! 「ああッ!はあ…ッ!きもち、ぃの、きた…ッ!」. その実力は相当なもので、柱数人分の力があるとされている上弦の鬼を一人で倒した。

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

こんなことは初めてだ。 彼は隊服を着たままで、大事な刀は近くに放り出されていた。 その時、無一郎はこれまでに一度も感じたことない怒りを感じ、我を忘れて鬼と戦った。

8
その数十年後に、また一人の子が言った。 ひと瓶の。

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

自分は自分、他人は他人。

」 「本当は何を考えてる訳?」 「〜っ!!」 心の柔らかいところにぶすりぶすりと錐が刺さるみたいな感覚がする。 ぼんやりした視界で天井の柾目から自分の体に視線を移すと誰か上に乗っていた。

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

長くて暗い隧道をいつまでも宛てなく歩いているようだった。 このまま奥まで行っちゃおうか。 」 じとぉ〜という無一郎の視線を苦笑いで流そうとするけど、誤魔化しは要らないと一蹴されてしまった。

14
確かに暗い夜道に鬼に襲われるのは脅威ではあるが、此方は柱二人である。 一人じゃないから大丈夫。

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

醜い自分が許せない。 つまりは…私の子孫だ…。

1
日が出てからだとその日の内に帰ってくるのは難しいですよ?」 しのぶはそう朗らかに言うと、山道をすいすいと歩いて行く。